お知らせ

お知らせ

2021.07.21
【筝の貸出について】
7月22日(木)より筝の貸出を開始いたします。

【貸出しの仕様・料金】
筝は5面ご用意しております。
「筝」「立奏台」「琴柱」を一式500円でお貸出しいたします。

【対象諸室】
リハーサル室、練習室1・2・3

【利用方法】
筝のご利用は先着順の事前予約制とさせていただきます。利用をご希望の客様は施設利用料のお支払い時に窓口でお申し付けください。
2021.07.12
【サルビアホール施設利用ガイドラインについて】(7/12改訂)
政府による、まん延防止等重点措置の発出に伴い、7月12日から8月22日までの期間におけるサルビアホールの施設利用条件変更をご案内致します。また、今後の社会情勢により横浜市文化施設における新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインが変更される場合がございます。

【7月12日から8月22日までのご利用について】
・20時を跨ぐコマの新規利用予約はいただけません。
・すでにご予約いただきました施設のご利用に関しては20時までのご利用にご協力ください。
・20時を跨ぐコマのご利用をキャンセルされる場合、お支払済みの施設利用料は全額返還いたします。返還対象条件は以下をご確認ください。


【利用料返還対象条件について】
●返還対象期間・・・4月22日(木)~8月22日(木)
●返還対象区分・・・全諸室夜間区分のみ
          【ホール及び音楽ホールは18:00~22:00】
          【リハーサル室及び練習室は19:45~21:45】
●返還対象条件・・・4月16日から利用当日までにキャンセルのご連絡をいただいた方
●返還期日・・・・・4月22日(木)~5月31日(月)→左記期間の返還は終了致しました。
          6月1日(火)~6月20日(日)→7月末日までを返還期日と致します。
          6月21日(月)~7月11日(日)→8月末日までを返還期日と致します。
          7月12日(月)~8月22日(木)→9月末日までを返還期日と致します。
          ただしまん延防止等重点措置が延長された場合変更する可能性が            
          あります。
●返還方法・・・・・対象の利用許可書を窓口へお持ちください。   
※利用許可書がない場合は返還致しかねますのでご了承ください。
返還手続きの受付時間は9:00~20:30までとなります。

【営業時間について】
窓口対応、電話対応時間共に9時~21時までの営業時間となります。

【8月23日以降の施設利用の予約について】
8月23日以降の利用につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大状況によって
利用制限などが変更となる場合や利用を休止する可能性があります。
予約につきましては、あらかじめご了承ください。

※ご利用人数に関しては下記項目をご確認ください。
・合唱を⾏う際は、使⽤する部屋や練習・本番等の利⽤実態にかかわらず、マスク着⽤時は前後1m左右50cm、未着⽤時は前後2m左右1mの⼈と⼈との距離を確保する。また、連続した練習時間は30分以内とし、5分以上の換気を⾏う。
・⼤声での発声、歌唱は適切な距離をとり、対⾯にならないよう並び⽅を⼯夫する。
・物販に関わる関係者は、マスクの着⽤に加え、必要に応じて⼿袋やフェイスシールド等を着⽤。多くの⼈が触れるようなサンプル品、⾒本品は取り扱わない。

●施設をご利用いただく上でのガイドラインの詳細は以下をご覧いただきます様お願い致します。「横浜市文化施設感染症拡大防止ガイドライン」

●定員の制限
来場者がステージ上を除く観客席または各室において、歌唱または大声での歓声がないことを前提とし必要な感染防止策を講ずる場合、定員を100%以内とし、歌唱または大声での歓声が想定される場合は定員を50%以内とします。
*収容率の緩和を適用する際には、フェイスシールドやマウスシールド等によりマスクの代用とすることは認めないこととします。

●ホール
舞台上は、演出上回避できない場合を除き、1m以上の十分なソーシャルディスタンスを保てる範囲でご利用下さい。
客席、ロビー、控室、楽屋、廊下等館内の他の場所においては十分な距離を確保してください。
定員は、客席の歌唱、大声での歓声がないことを前提として100%以下(546席まで)となります。
向かい合っての大声での発声、歌唱は原則不可とします。
*大声での歓声、客席で歌唱がある場合、定員数は50%以下(268席まで)です。
 内訳:1F通常席222席(1Fバルコニー15席)、2F通常席46席(2Fバルコニー席6席)
*客席最前列と出演者の間は2m以上空けてください(客席数を確保するために出演者が下がってもよい)。
*歌唱、大声での発声が伴う場合、舞台は高さがあるため、十分な距離を確保してください。
*楽屋のご利用人数についても定員がございますのでご確認ください。
楽屋1:8名
楽屋2:8名
楽屋3:18名
*楽屋内で大きな声を発する場合、定員は50%以下となります。

●音楽ホール
舞台上は、演出上回避できない場合を除き、1m以上の十分なソーシャルディスタンスを保てる範囲でご利用下さい。
客席、ロビー、控室、楽屋、廊下等館内の他の場所においては十分な距離を確保してください。
定員は、客席の歌唱、大声での歓声がないことを前提として100%以下(100席まで)となります。
向かい合っての大声での発声、歌唱は原則不可とします。
*客席の歌唱、大声での歓声がある場合、定員数は50%以下(50席まで)です。
*客席最前列と出演者の間は2m以上空けてください(客席数を確保するために出演者が下がってもよい)。
*歌唱、大声での発声が伴う場合、舞台は高さがあるため、十分な距離を確保してください。
*楽屋のご利用人数についても定員がございますのでご確認ください。
楽屋:8名
*楽屋内で大きな声を発する場合、定員は50%以下となります。

●ギャラリー
観賞する方が1m以上の距離を保っていただく。
上記に伴い、展示点数にもご配慮下さい。
来場者のソーシャルディスタンスの確保のため、一方通行の順路の作成をお願い致します。
また、ご来場者が多く予想される場合は必要に応じて入場制限を行っていただきます。
同時にギャラリー内に入れる最大人数は受付スタッフを含め、密にならない人数(36人まで)です。

●リハーサル室・練習室
演奏・演技・舞踊等において大声での発声、歌唱、呼気が激しくなるような運動が想定される利用の場合は、出演者及び利用者同士の間隔を十分に確保してください。
向かい合っての大声での発声、歌唱は不可とします。
各諸室の定員は以下の通りです。
練習室1:6名(歌唱等のある場合3名)
練習室2:7名(歌唱等のある場合3名)
練習室3:4名(歌唱等のある場合2名)
リハーサル室:40名(歌唱等のある場合20名)
※リハーサル室、練習室において、管楽器の演奏等については、定員50%を超えて100%以内とする場合は、楽器用マスクや遮蔽版を設置する等の飛沫拡散対策を行ってください。

●共通事項
*来場者皆様の「参加者名」「電話番号」または「メールアドレス」のリストを作成し保管してください。必要に応じて保健所等の公的機関にご提出いただく場合がございますのでご了承下さい。
フォーマットはこちら
【提出用_代表者連絡先】
【保管用_来場者連絡先】
【保管用_来場者連絡先EXCEL】


【ご来場の際のお願い】
●体調について発熱・咳・全身痛などの症状がある場合にはご来館をお控えください。
●来館の際には必ずマスクの着用をお願い致します。(2歳未満のお子さまは除く)
●館内の換気・消毒などについて出来る限り万全を期していますが、ご来館のお客様も検温、手洗い、手指消毒などのご協力をお願い致します。
●感染予防のためスタッフもマスクを着用させていただきます。
●館内での飲食について
新型コロナウィルス感染症拡大防止のため当館内でのご飲食はご遠慮いただきます。熱中症予防のため蓋つき容器に入った飲料に限り、舞台・客席以外で飲むことが可能です。

※今後の社会情勢によりご利用条件やご利用いただけない期間が変更となる場合がございます。変更となりましたらホームページ等でご連絡致します。

ご利用を予定されているお客様にはご不便をお掛け致しますが、ご理解とご協力をお願い致します。
2021.06.21
【サルビアホール施設利用ガイドラインについて】(6/21改訂)
政府による、まん延防止等重点措置の発出に伴い、6月21日から7月11日までの期間におけるサルビアホールの施設利用条件変更をご案内致します。また、今後の社会情勢により横浜市文化施設における新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインが変更される場合がございます。

【6月21日から7月11日までのご利用について】
・20時を跨ぐコマの新規利用予約はいただけません。
・すでにご予約いただきました施設のご利用に関しては20時までのご利用にご協力ください。
・20時を跨ぐコマのご利用をキャンセルされる場合、お支払済みの施設利用料は全額返還いたします。返還対象条件は以下をご確認ください。


【利用料返還対象条件について】
●返還対象期間・・・4月22日(木)~7月11日(日)
●返還対象区分・・・全諸室夜間区分のみ
          【ホール及び音楽ホールは18:00~22:00】
          【リハーサル室及び練習室は19:45~21:45】
●返還対象条件・・・4月16日から利用当日までにキャンセルのご連絡をいただいた方
●返還期日・・・・・4月22日(木)~5月31日(月)→6月末日までを返還期日と致します。
          6月1日(火)~6月20日(日)→7月末日までを返還期日と致します。
          6月21日(月)~7月11日(日)→8月末日までを返還期日と致します。
          ただしまん延防止等重点措置が延長された場合変更する可能性が            
          あります。
●返還方法・・・・・対象の利用許可書を窓口へお持ちください。   
※利用許可書がない場合は返還致しかねますのでご了承ください。
返還手続きの受付時間は9:00~20:30までとなります。

【営業時間について】
窓口対応、電話対応時間共に9時~21時までの営業時間となります。

【7月12日以降の施設利用の予約について】
7月12日以降の利用につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大状況によって
利用制限などが変更となる場合や利用を休止する可能性があります。
予約につきましては、あらかじめご了承ください。

※ご利用人数に関しては下記項目をご確認ください。
・合唱を⾏う際は、使⽤する部屋や練習・本番等の利⽤実態にかかわらず、マスク着⽤時は前後1m左右50cm、未着⽤時は前後2m左右1mの⼈と⼈との距離を確保する。また、連続した練習時間は30分以内とし、5分以上の換気を⾏う。
・⼤声での発声、歌唱は適切な距離をとり、対⾯にならないよう並び⽅を⼯夫する。
・物販に関わる関係者は、マスクの着⽤に加え、必要に応じて⼿袋やフェイスシールド等を着⽤。多くの⼈が触れるようなサンプル品、⾒本品は取り扱わない。

●施設をご利用いただく上でのガイドラインの詳細は以下をご覧いただきます様お願い致します。「横浜市文化施設感染症拡大防止ガイドライン」

●定員の制限
来場者がステージ上を除く観客席または各室において、歌唱または大声での歓声がないことを前提とし必要な感染防止策を講ずる場合、定員を100%以内とし、歌唱または大声での歓声が想定される場合は定員を50%以内とします。
*収容率の緩和を適用する際には、フェイスシールドやマウスシールド等によりマスクの代用とすることは認めないこととします。

●ホール
舞台上は、演出上回避できない場合を除き、1m以上の十分なソーシャルディスタンスを保てる範囲でご利用下さい。
客席、ロビー、控室、楽屋、廊下等館内の他の場所においては十分な距離を確保してください。
定員は、客席の歌唱、大声での歓声がないことを前提として100%以下(546席まで)となります。
向かい合っての大声での発声、歌唱は原則不可とします。
*大声での歓声、客席で歌唱がある場合、定員数は50%以下(268席まで)です。
 内訳:1F通常席222席(1Fバルコニー15席)、2F通常席46席(2Fバルコニー席6席)
*客席最前列と出演者の間は2m以上空けてください(客席数を確保するために出演者が下がってもよい)。
*歌唱、大声での発声が伴う場合、舞台は高さがあるため、十分な距離を確保してください。
*楽屋のご利用人数についても定員がございますのでご確認ください。
楽屋1:8名
楽屋2:8名
楽屋3:18名
*楽屋内で大きな声を発する場合、定員は50%以下となります。

●音楽ホール
舞台上は、演出上回避できない場合を除き、1m以上の十分なソーシャルディスタンスを保てる範囲でご利用下さい。
客席、ロビー、控室、楽屋、廊下等館内の他の場所においては十分な距離を確保してください。
定員は、客席の歌唱、大声での歓声がないことを前提として100%以下(100席まで)となります。
向かい合っての大声での発声、歌唱は原則不可とします。
*客席の歌唱、大声での歓声がある場合、定員数は50%以下(50席まで)です。
*客席最前列と出演者の間は2m以上空けてください(客席数を確保するために出演者が下がってもよい)。
*歌唱、大声での発声が伴う場合、舞台は高さがあるため、十分な距離を確保してください。
*楽屋のご利用人数についても定員がございますのでご確認ください。
楽屋:8名
*楽屋内で大きな声を発する場合、定員は50%以下となります。

●ギャラリー
観賞する方が1m以上の距離を保っていただく。
上記に伴い、展示点数にもご配慮下さい。
来場者のソーシャルディスタンスの確保のため、一方通行の順路の作成をお願い致します。
また、ご来場者が多く予想される場合は必要に応じて入場制限を行っていただきます。
同時にギャラリー内に入れる最大人数は受付スタッフを含め、密にならない人数(36人まで)です。

●リハーサル室・練習室
演奏・演技・舞踊等において大声での発声、歌唱、呼気が激しくなるような運動が想定される利用の場合は、出演者及び利用者同士の間隔を十分に確保してください。
向かい合っての大声での発声、歌唱は不可とします。
各諸室の定員は以下の通りです。
練習室1:6名(歌唱等のある場合3名)
練習室2:7名(歌唱等のある場合3名)
練習室3:4名(歌唱等のある場合2名)
リハーサル室:40名(歌唱等のある場合20名)
※リハーサル室、練習室において、管楽器の演奏等については、定員50%を超えて100%以内とする場合は、楽器用マスクや遮蔽版を設置する等の飛沫拡散対策を行ってください。

●共通事項
*来場者皆様の「参加者名」「電話番号」または「メールアドレス」のリストを作成し保管してください。必要に応じて保健所等の公的機関にご提出いただく場合がございますのでご了承下さい。
フォーマットはこちら
【提出用_代表者連絡先】
【保管用_来場者連絡先】
【保管用_来場者連絡先EXCEL】


【ご来場の際のお願い】
●体調について発熱・咳・全身痛などの症状がある場合にはご来館をお控えください。
●来館の際には必ずマスクの着用をお願い致します。(2歳未満のお子さまは除く)
●館内の換気・消毒などについて出来る限り万全を期していますが、ご来館のお客様も検温、手洗い、手指消毒などのご協力をお願い致します。
●感染予防のためスタッフもマスクを着用させていただきます。
●館内での飲食について
新型コロナウィルス感染症拡大防止のため当館内でのご飲食はご遠慮いただきます。熱中症予防のため蓋つき容器に入った飲料に限り、舞台・客席以外で飲むことが可能です。

※今後の社会情勢によりご利用条件やご利用いただけない期間が変更となる場合がございます。変更となりましたらホームページ等でご連絡致します。

ご利用を予定されているお客様にはご不便をお掛け致しますが、ご理解とご協力をお願い致します。
2021.05.31
【サルビアホール施設利用ガイドラインについて】(5/31改訂)
政府による、まん延防止等重点措置の発出に伴い、6月1日から6月20日までの期間におけるサルビアホールの施設利用条件変更をご案内致します。また、今後の社会情勢により横浜市文化施設における新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインが変更される場合がございます。

【6月1日から6月20日までのご利用について】
・20時を跨ぐコマの新規利用予約はいただけません。
・すでにご予約いただきました施設のご利用に関しては20時までのご利用にご協力ください。

・20時を跨ぐコマのご利用をキャンセルされる場合、お支払済みの施設利用料は全額返還いたします。返還対象条件は以下をご確認ください。

【利用料返還対象条件について】
●返還対象期間・・・4月22日(木)~6月20日(日)
●返還対象区分・・・全諸室夜間区分のみ
          【ホール及び音楽ホールは18:00~22:00】
          【リハーサル室及び練習室は19:45~21:45】
●返還対象条件・・・4月16日から利用当日までにキャンセルのご連絡をいただいた方
●返還期日・・・・・4月22日(木)~5月31日(月)→6月末日までを返還期日と致します。
          6月1日(火)~6月20日(日)→7月末日までを返還期日と致します。
          ただしまん延防止等重点措置が延長された場合変更する可能性が            
          あります。
●返還方法・・・・・対象の利用許可書を窓口へお持ちください。   
※利用許可書がない場合は返還致しかねますのでご了承ください。
返還手続きの受付時間は9:00~20:30までとなります。

【営業時間について】
窓口対応、電話対応時間共に9時~21時までの営業時間となります。

【6月20日以降の施設利用の予約について】
6月20日以降の利用につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大状況によって
利用制限などが変更となる場合や利用を休止する可能性があります。
予約につきましては、あらかじめご了承ください。

※ご利用人数に関しては下記項目をご確認ください。
・合唱を⾏う際は、使⽤する部屋や練習・本番等の利⽤実態にかかわらず、マスク着⽤時は前後1m左右50cm、未着⽤時は前後2m左右1mの⼈と⼈との距離を確保する。また、連続した練習時間は30分以内とし、5分以上の換気を⾏う。
・⼤声での発声、歌唱は適切な距離をとり、対⾯にならないよう並び⽅を⼯夫する。
・物販に関わる関係者は、マスクの着⽤に加え、必要に応じて⼿袋やフェイスシールド等を着⽤。多くの⼈が触れるようなサンプル品、⾒本品は取り扱わない。

●施設をご利用いただく上でのガイドラインの詳細は以下をご覧いただきます様お願い致します。
「横浜市文化施設感染症拡大防止ガイドライン」

●定員の制限
来場者がステージ上を除く観客席または各室において、歌唱または大声での歓声がないことを前提とし必要な感染防止策を講ずる場合、定員を100%以内とし、歌唱または大声での歓声が想定される場合は定員を50%以内とします。
*収容率の緩和を適用する際には、フェイスシールドやマウスシールド等によりマスクの代用とすることは認めないこととします。

●ホール
舞台上は、演出上回避できない場合を除き、1m以上の十分なソーシャルディスタンスを保てる範囲でご利用下さい。
客席、ロビー、控室、楽屋、廊下等館内の他の場所においては十分な距離を確保してください。
定員は、客席の歌唱、大声での歓声がないことを前提として100%以下(546席まで)となります。
向かい合っての大声での発声、歌唱は原則不可とします。
*大声での歓声、客席で歌唱がある場合、定員数は50%以下(268席まで)です。
 内訳:1F通常席222席(1Fバルコニー15席)、2F通常席46席(2Fバルコニー席6席)
*客席最前列と出演者の間は2m以上空けてください(客席数を確保するために出演者が下がってもよい)。
*歌唱、大声での発声が伴う場合、舞台は高さがあるため、十分な距離を確保してください。
*楽屋のご利用人数についても定員がございますのでご確認ください。
楽屋1:8名
楽屋2:8名
楽屋3:18名
*楽屋内で大きな声を発する場合、定員は50%以下となります。

●音楽ホール
舞台上は、演出上回避できない場合を除き、1m以上の十分なソーシャルディスタンスを保てる範囲でご利用下さい。
客席、ロビー、控室、楽屋、廊下等館内の他の場所においては十分な距離を確保してください。
定員は、客席の歌唱、大声での歓声がないことを前提として100%以下(100席まで)となります。
向かい合っての大声での発声、歌唱は原則不可とします。
*客席の歌唱、大声での歓声がある場合、定員数は50%以下(50席まで)です。
*客席最前列と出演者の間は2m以上空けてください(客席数を確保するために出演者が下がってもよい)。
*歌唱、大声での発声が伴う場合、舞台は高さがあるため、十分な距離を確保してください。
*楽屋のご利用人数についても定員がございますのでご確認ください。
楽屋:8名
*楽屋内で大きな声を発する場合、定員は50%以下となります。

●ギャラリー
観賞する方が1m以上の距離を保っていただく。
上記に伴い、展示点数にもご配慮下さい。
来場者のソーシャルディスタンスの確保のため、一方通行の順路の作成をお願い致します。
また、ご来場者が多く予想される場合は必要に応じて入場制限を行っていただきます。
同時にギャラリー内に入れる最大人数は受付スタッフを含め、密にならない人数(36人まで)です。

●リハーサル室・練習室
演奏・演技・舞踊等において大声での発声、歌唱、呼気が激しくなるような運動が想定される利用の場合は、出演者及び利用者同士の間隔を十分に確保してください。
向かい合っての大声での発声、歌唱は不可とします。
各諸室の定員は以下の通りです。
練習室1:6名(歌唱等のある場合3名)
練習室2:7名(歌唱等のある場合3名)
練習室3:4名(歌唱等のある場合2名)
リハーサル室:40名(歌唱等のある場合20名)
※リハーサル室、練習室において、管楽器の演奏等については、定員50%を超えて100%以内とする場合は、楽器用マスクや遮蔽版を設置する等の飛沫拡散対策を行ってください。

●共通事項
*来場者皆様の「参加者名」「電話番号」または「メールアドレス」のリストを作成し保管してください。必要に応じて保健所等の公的機関にご提出いただく場合がございますのでご了承下さい。
フォーマットはこちら
【提出用_代表者連絡先】
【保管用_来場者連絡先】
【保管用_来場者連絡先EXCEL】


【ご来場の際のお願い】
●体調について発熱・咳・全身痛などの症状がある場合にはご来館をお控えください。
●来館の際には必ずマスクの着用をお願い致します。(2歳未満のお子さまは除く)
●館内の換気・消毒などについて出来る限り万全を期していますが、ご来館のお客様も検温、手洗い、手指消毒などのご協力をお願い致します。
●感染予防のためスタッフもマスクを着用させていただきます。
●館内での飲食について
新型コロナウィルス感染症拡大防止のため当館内でのご飲食はご遠慮いただきます。熱中症予防のため蓋つき容器に入った飲料に限り、舞台・客席以外で飲むことが可能です。

※今後の社会情勢によりご利用条件やご利用いただけない期間が変更となる場合がございます。変更となりましたらホームページ等でご連絡致します。

ご利用を予定されているお客様にはご不便をお掛け致しますが、ご理解とご協力をお願い致します。
2021.01.06
祝休日の変更にかかる施設利用料金の取り扱いについて
平成三十二年度東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法等の一部を改正する法律の公布に伴い、令和3年における祝休日が変更となります。
これに伴い、施設利用料金の取り扱いを別表の通りといたします。
なお、12/28の時点で既に申請を受理している予約に関しては、施設より別途ご案内いたします。

●施設利用料金の取り扱いについてこちらをご覧ください。
2020.12.28
【年末年始のお知らせ】
本年もご利用いただき、誠にありがとうございます。
当館は年内12/28(月)までの営業となります。(窓口受付は21時まで)
2021年は1/4(月)9時より開館いたします。
年末年始休館:12/29(火)~1/3(日)

【年末年始における施設窓口での利用申請手続きについて】
●12月抽選に当選した予約
●12月22日~1月4日までの期間に取得した予約
上記予約の施設窓口での利用申請手続き期限は1月12日です。
※予約を取得した際の申請手続きは1週間後の申請期限が表示されますが1月12日まで取り消しされません。
2020.12.22
【4階ホール 予約システムお申込み利用区分についてのご案内】
日頃より、鶴見区民文化センターサルビアホールをご利用いただき誠にありがとうございます。

■以前より4階ホールを本番でご利用いただくお客様には2区分以上でのご利用をお願いしておりましたが、12月29日(火)より、横浜市市民利用システムでご予約の際にも、ご選択可能な区分数が2区分以上となります。それに伴い一部のご利用につきましてご予約方法を変更いたします。詳細は以下をご覧ください。

■4階ホールで本番ご利用をお考えのお客様
4階ホールでの本番は2区分以上でご利用をお願い致します。
横浜市市民利用システムにて抽選参加・空き施設利用予約をお願い致します。
※お支払いの際に2区分から、1区分への変更はできません。

■4階ホールを2区分以上の練習でご利用をお考えのお客様
上記と同様横浜市市民利用システムで抽選参加・空き施設のご予約をお願い致します。
※本番利用同様に、お支払いの際に2区分から、1区分への変更はできません。

■4階ホールを1区分の練習でご利用をお考えのお客様
横浜市市民利用システムでの抽選参加・空き施設のご予約はいただけません。
同内容でご利用を希望されるお客様は以下のような手順でのご予約となります。

 【ご予約可能期間】
 ・ご利用希望日の3か月前の1日から練習実施日の28日前まで
 【ご予約方法】
 ・上記期間に直接サルビアホール窓口までお越しください。
  窓口でお申し込みいただきその場でお支払いお願いいたします。
  必ずはまっこカードをご持参のうえご来館ください。
 【ご予約の優先順位】
 ・先着順とさせていただきます。
  ご利用希望日の空き状況を必ずお確かめのうえご来館ください。
  またお電話等での仮予約は致しかねますのでご了承ください。

※3階音楽ホールにつきましてはこれまでと同様に1区分での抽選参加・空き施設のご予約が可能です。

ご利用時間内に準備・片付けを含むため、安全かつゆとりあるスケジュールで公演を行っていただきたく、お客様にはご理解とご協力の程よろしくお願い致します。
2020.11.27
【12/1からの施設利用ガイドラインについて】(11月27日更新)
横浜市文化施設における新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインの更新に伴い、
12月1日から2月末までサルビアホールの施設利用の条件を更新致します。

★11月26日更新事項(12月1日から来年2月末まで)
・合唱を⾏う際は、使⽤する部屋や練習・本番等の利⽤実態にかかわらず、マスク着⽤時は前後1m左右50cm、未着⽤時は前後2m左右1mの⼈と⼈との距離を確保する。また、連続した練習時間は30分以内とし、5分以上の換気を⾏う。

・⼤声での発声、歌唱は適切な距離をとり、対⾯にならないよう並び⽅を⼯夫する。

・物販に関わる関係者は、マスクの着⽤に加え、必要に応じて⼿袋やフェイスシールド等を着⽤。多くの⼈が触れるようなサンプル品、⾒本品は取り扱わない。

★施設をご利用いただく上でのガイドラインの詳細は以下をご覧いただきます様お願い致します。
「横浜市文化施設感染症拡大防止ガイドライン」


●定員の制限
来場者がステージ上を除く観客席または各室において、歌唱または大声での歓声がないことを前提とし必要な感染防止策を講ずる場合、定員を100%以内とし、歌唱または大声での歓声が想定される場合は定員を50%以内とします。
*収容率の緩和を適用する際には、フェイスシールドやマウスシールド等によりマスクの代用とすることは認めないこととします。

●ホール
舞台上は、演出上回避できない場合を除き、1m以上の十分なソーシャルディスタンスを保てる範囲でご利用下さい。
客席、ロビー、控室、楽屋、廊下等館内の他の場所においては十分な距離を確保してください。
定員は、客席の歌唱、大声での歓声がないことを前提として100%以下(546席まで)となります。
向かい合っての大声での発声、歌唱は原則不可とします。
*大声での歓声、客席で歌唱がある場合、定員数は50%以下(268席まで)です。
 内訳:1F通常席222席(1Fバルコニー15席)、2F通常席46席(2Fバルコニー席6席)
*客席最前列と出演者の間は2m以上空けてください(客席数を確保するために出演者が下がってもよい)。
*歌唱、大声での発声が伴う場合、舞台は高さがあるため、十分な距離を確保してください。
*楽屋のご利用人数についても定員がございますのでご確認ください。
楽屋1:8名
楽屋2:8名
楽屋3:18名
*楽屋内で大きな声を発する場合、定員は50%以下となります。

●音楽ホール
舞台上は、演出上回避できない場合を除き、1m以上の十分なソーシャルディスタンスを保てる範囲でご利用下さい。
客席、ロビー、控室、楽屋、廊下等館内の他の場所においては十分な距離を確保してください。
定員は、客席の歌唱、大声での歓声がないことを前提として100%以下(100席まで)となります。
向かい合っての大声での発声、歌唱は原則不可とします。
*客席の歌唱、大声での歓声がある場合、定員数は50%以下(50席まで)です。
*客席最前列と出演者の間は2m以上空けてください(客席数を確保するために出演者が下がってもよい)。
*歌唱、大声での発声が伴う場合、舞台は高さがあるため、十分な距離を確保してください。
*楽屋のご利用人数についても定員がございますのでご確認ください。
楽屋:8名
*楽屋内で大きな声を発する場合、定員は50%以下となります。

●ギャラリー
観賞する方が1m以上の距離を保っていただく。
上記に伴い、展示点数にもご配慮下さい。
来場者のソーシャルディスタンスの確保のため、一方通行の順路の作成をお願い致します。
また、ご来場者が多く予想される場合は必要に応じて入場制限を行っていただきます。
同時にギャラリー内に入れる最大人数は受付スタッフを含め、密にならない人数(36人まで)です。

●リハーサル室・練習室
演奏・演技・舞踊等において大声での発声、歌唱、呼気が激しくなるような運動が想定される利用の場合は、出演者及び利用者同士の間隔を十分に確保してください。
向かい合っての大声での発声、歌唱は不可とします。
各諸室の定員は以下の通りです。
練習室1:6名(歌唱等のある場合3名)
練習室2:7名(歌唱等のある場合3名)
練習室3:4名(歌唱等のある場合2名)
リハーサル室:40名(歌唱等のある場合20名)
※リハーサル室、練習室において、管楽器の演奏等については、定員50%を超えて100%以内とする場合は、楽器用マスクや遮蔽版を設置する等の飛沫拡散対策を行ってください。

●共通事項
*来場者皆様の「参加者名」「電話番号」または「メールアドレス」のリストを作成し保管してください。必要に応じて保健所等の公的機関にご提出いただく場合がございますのでご了承下さい。
フォーマットはコチラ
【提出用_代表者連絡先】
【保管用_来場者連絡先】
【保管用_来場者連絡先EXCEL】

【3月1日以降の施設利用の予約について】
3月1日以降の利用につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大状況によって
利用制限などが変更となる場合や利用を休止する可能性があります。
予約につきましては、あらかじめご了承ください。

【ご来場の際のお願い】
●体調について発熱・咳・全身痛などの症状がある場合にはご来館をお控えください。
●来館の際には必ずマスクの着用をお願い致します。
●館内の換気・消毒などについて出来る限り万全を期していますが、ご来館のお客様も検温、手洗い、手指消毒などのご協力をお願い致します。
●感染予防のためスタッフもマスクを着用させていただきます。
●館内での飲食について
新型コロナウィルス感染症拡大防止のため当館内でのご飲食はご遠慮いただきます。熱中症予防のためペットボトル飲料に限り、舞台・客席内を除き飲むことが可能です。

※今後の社会情勢によりご利用条件や利用不可期間が変更となる場合がございます。変更となりましたらホームページ等でご連絡致します。

【新型コロナ感染拡大の理由によるキャンセルの扱いについて】
・5月31日までに予約をされているものについては、全額返還となります。
・6月1日以降、新たにご予約されたものについては、通常の返還の規定で運用となります。

ご利用を予定されているお客様にはご不便をお掛け致しますが、ご理解とご協力をお願い致します。
2020.11.04
サルビアホール 4Fホール施設利用上の注意事項
かねてよりご利用いただいている皆様には周知のことかと思いますが、どうぞ再度確認願います。

1 利用時間には準備片付けの時間も含みます。
2 公演など本番で利用される場合は 2 区分以上の時間帯でお申込みください。
3 施設点検等により、抽選申し込みに参加できない日があります。
4 舞台・照明・音響機器などの付帯設備利用料、楽屋使用料は別途当日に現金でのお支払いとなります。
5 ホールの申込当選者は利用申請時に同日・同時間帯のリハーサル室・練習室を優先予約することができます。 (空いている場合のみ可能)
6 ホールをシステムで予約できるのは利用希望日の 28 日前までです。
7 和太鼓等、 大音量を発生する催し物のご利用は状況によりご遠慮いただく場合があります。詳しくは直接施設へお問い合わせください。
8 文化芸術活動以外の目的でのご利用は、ご予約受付開始時期はご利用月の3か月前の1日からとなります。
9 主催者都合による利用取消の場合、すでにお支払いいただいた利用料は原則払い戻しできません。ただし所定期間内に窓口で手続きされた場合には半額を返還します。詳しくは施設にお問い合せください。
2020.10.10
【10/2からの施設利用ガイドラインについて】(10月10日更新)
横浜市文化施設における新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインの更新に伴い、
10月2日から11月末までサルビアホールの施設利用の条件を更新致します。

★今回のガイドラインでは定員の制限が「来場者がステージ上を除く観客席または各室において、歌唱または大声での歓声がないことを前提とし必要な感染防止策を講ずる場合、定員を100%以内とし、歌唱または大声での歓声が想定される場合は定員を50%以内とする」に変更されます。
※10月2日更新事項
収容率の緩和を適用する際には、フェイスシールドやマウスシールド等によりマスクの代用とすることは認めないこととします。


★施設をご利用いただく上でのガイドラインの詳細は以下をご覧いただきます様お願い致します。
「横浜市文化施設感染症拡大防止ガイドライン(10月2日改訂版)」

ご利用の際には以下のガイドラインをご確認ください。(適用期間10月2日~11月末)

●ホール
舞台上は、演出上回避できない場合を除き、1m以上の十分なソーシャルディスタンスを保てる範囲でご利用下さい。
客席、ロビー、控室、楽屋、廊下等館内の他の場所においては十分な距離を確保してください。
定員は、客席の歌唱、大声での歓声がないことを前提として100%以下(546席まで)となります。
向かい合っての大声での発声、歌唱は原則不可とします。
*大声での歓声、客席で歌唱がある場合、定員数は50%以下(268席まで)です。
 内訳:1F通常席222席(1Fバルコニー15席)、2F通常席46席(2Fバルコニー席6席)
*客席最前列と出演者の間は2m以上空けてください(客席数を確保するために出演者が下がってもよい)。
*歌唱、大声での発声が伴う場合、舞台は高さがあるため、十分な距離を確保してください。
*楽屋のご利用人数についても定員がございますのでご確認ください。
楽屋1:8名
楽屋2:8名
楽屋3:18名
*楽屋内で大きな声を発する場合、定員は50%以下となります。

●音楽ホール
舞台上は、演出上回避できない場合を除き、1m以上の十分なソーシャルディスタンスを保てる範囲でご利用下さい。
客席、ロビー、控室、楽屋、廊下等館内の他の場所においては十分な距離を確保してください。
定員は、客席の歌唱、大声での歓声がないことを前提として100%以下(100席まで)となります。
向かい合っての大声での発声、歌唱は原則不可とします。
*客席の歌唱、大声での歓声がある場合、定員数は50%以下(50席まで)です。
*客席最前列と出演者の間は2m以上空けてください(客席数を確保するために出演者が下がってもよい)。
*歌唱、大声での発声が伴う場合、舞台は高さがあるため、十分な距離を確保してください。
*楽屋のご利用人数についても定員がございますのでご確認ください。
楽屋:8名
*楽屋内で大きな声を発する場合、定員は50%以下となります。

●ギャラリー
観賞する方が1m以上の距離を保っていただく。
上記に伴い、展示点数にもご配慮下さい。
来場者のソーシャルディスタンスの確保のため、一方通行の順路の作成をお願い致します。
また、ご来場者が多く予想される場合は必要に応じて入場制限を行っていただきます。
同時にギャラリー内に入れる最大人数は受付スタッフを含め、密にならない人数(36人まで)です。

●リハーサル室・練習室
演奏・演技・舞踊等において大声での発声、歌唱、呼気が激しくなるような運動が想定される利用の場合は、出演者及び利用者同士の間隔を十分に確保してください。
向かい合っての大声での発声、歌唱は不可とします。
各諸室の定員は以下の通りです。
練習室1:6名(歌唱等のある場合3名)
練習室2:7名(歌唱等のある場合3名)
練習室3:4名(歌唱等のある場合2名)
リハーサル室:40名(歌唱等のある場合20名)
※10月2日更新事項
リハーサル室、練習室において、管楽器の演奏等については、定員50%を超えて100%以内とする場合は、楽器用マスクや遮蔽版を設置する等の飛沫拡散対策を行ってください。


●共通事項
*来場者皆様の「参加者名」「電話番号」または「メールアドレス」のリストを作成し保管してください。必要に応じて保健所等の公的機関にご提出いただく場合がございますのでご了承下さい。
フォーマットはコチラ
【提出用_代表者連絡先】
【保管用_来場者連絡先】
【保管用_来場者連絡先EXCEL】

【12月1日以降の施設利用の予約について】
12月1日以降の利用につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大状況によって
利用制限などが変更となる場合や利用を休止する可能性があります。
予約につきましては、あらかじめご了承ください。

【ご来場の際のお願い】
●体調について発熱・咳・全身痛などの症状がある場合にはご来館をお控えください。
●来館の際には必ずマスクの着用をお願い致します。
●館内の換気・消毒などについて出来る限り万全を期していますが、ご来館のお客様も検温、手洗い、手指消毒などのご協力をお願い致します。
●感染予防のためスタッフもマスクを着用させていただきます。
●館内での飲食について
新型コロナウィルス感染症拡大防止のため当館内でのご飲食はご遠慮いただきます。熱中症予防のためペットボトル飲料に限り、舞台・客席内を除き飲むことが可能です。

※今後の社会情勢によりご利用条件や利用不可期間が変更となる場合がございます。変更となりましたらホームページ等でご連絡致します。

【新型コロナ感染拡大の理由によるキャンセルの扱いについて】
・5月31日までに予約をされているものについては、全額返還となります。
・6月1日以降、新たにご予約されたものについては、通常の返還の規定で運用となります。

ご利用を予定されているお客様にはご不便をお掛け致しますが、ご理解とご協力をお願い致します。
2020.09.17
【9/19からの施設利用ガイドラインについて】(9月17日更新)
横浜市文化施設における新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインの更新に伴い、
9月19日から11月末までサルビアホールの施設利用の条件を更新致します。

★今回のガイドラインでは定員の制限が「来場者がステージ上を除く観客席または各室において、歌唱または大声での歓声がないことを前提とし必要な感染防止策を講ずる場合、定員を100%以内とし、歌唱または大声での歓声が想定される場合は定員を50%以内とする」に変更されます。

★施設をご利用いただく上でのガイドラインの詳細は以下をご覧いただきます様お願い致します。
「横浜市文化施設感染症拡大防止ガイドライン(9月16日改訂版)」

ご利用の際には以下のガイドラインをご確認ください。(適用期間9月19日~11月末)

●ホール
舞台上は、演出上回避できない場合を除き、1m以上の十分なソーシャルディスタンスを保てる範囲でご利用下さい。
客席、ロビー、控室、楽屋、廊下等館内の他の場所においては十分な距離を確保してください。
定員は、客席の歌唱、大声での歓声がないことを前提として100%以下(546席まで)となります。
向かい合っての大声での発声、歌唱は原則不可とします。
*大声での歓声、客席で歌唱がある場合、定員数は50%以下(268席まで)です。
 内訳:1F通常席222席(1Fバルコニー15席)、2F通常席46席(2Fバルコニー席6席)
*客席最前列と出演者の間は2m以上空けてください(客席数を確保するために出演者が下がってもよい)。
*歌唱、大声での発声が伴う場合、舞台は高さがあるため、十分な距離を確保してください。
*楽屋のご利用人数についても定員がございますのでご確認ください。
楽屋1:8名
楽屋2:8名
楽屋3:18名
*楽屋内で大きな声を発する場合、定員は50%以下となります。

●音楽ホール
舞台上は、演出上回避できない場合を除き、1m以上の十分なソーシャルディスタンスを保てる範囲でご利用下さい。
客席、ロビー、控室、楽屋、廊下等館内の他の場所においては十分な距離を確保してください。
定員は、客席の歌唱、大声での歓声がないことを前提として100%以下(100席まで)となります。
向かい合っての大声での発声、歌唱は原則不可とします。
*客席の歌唱、大声での歓声がある場合、定員数は50%以下(50席まで)です。
*客席最前列と出演者の間は2m以上空けてください(客席数を確保するために出演者が下がってもよい)。
*歌唱、大声での発声が伴う場合、舞台は高さがあるため、十分な距離を確保してください。
*楽屋のご利用人数についても定員がございますのでご確認ください。
楽屋:8名
*楽屋内で大きな声を発する場合、定員は50%以下となります。

●ギャラリー
観賞する方が1m以上の距離を保っていただく。
上記に伴い、展示点数にもご配慮下さい。
来場者のソーシャルディスタンスの確保のため、一方通行の順路の作成をお願い致します。
また、ご来場者が多く予想される場合は必要に応じて入場制限を行っていただきます。
同時にギャラリー内に入れる最大人数は受付スタッフを含め、密にならない人数(36人まで)です。

●リハーサル室・練習室
演奏・演技・舞踊等において大声での発声、歌唱、呼気が激しくなるような運動が想定される利用の場合は、出演者及び利用者同士の間隔を十分に確保してください。
向かい合っての大声での発声、歌唱は不可とします。
各諸室の定員は以下の通りです。
練習室1:6名(歌唱等のある場合3名)
練習室2:7名(歌唱等のある場合3名)
練習室3:4名(歌唱等のある場合2名)
リハーサル室:40名(歌唱等のある場合20名)

●共通事項
*来場者皆様の「参加者名」「電話番号」または「メールアドレス」のリストを作成し保管してください。必要に応じて保健所等の公的機関にご提出いただく場合がございますのでご了承下さい。
フォーマットはコチラ
【提出用_代表者連絡先】
【保管用_来場者連絡先】
【保管用_来場者連絡先EXCEL】

【12月1日以降の施設利用の予約について】
12月1日以降の利用につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大状況によって
利用制限などが変更となる場合や利用を休止する可能性があります。
予約につきましては、あらかじめご了承ください。

【ご来場の際のお願い】
●体調について発熱・咳・全身痛などの症状がある場合にはご来館をお控えください。
●来館の際には必ずマスクの着用をお願い致します。
●館内の換気・消毒などについて出来る限り万全を期していますが、ご来館のお客様も検温、手洗い、手指消毒などのご協力をお願い致します。
●感染予防のためスタッフもマスクを着用させていただきます。
●館内での飲食について
新型コロナウィルス感染症拡大防止のため当館内でのご飲食はご遠慮いただきます。熱中症予防のためペットボトル飲料に限り、舞台・客席内を除き飲むことが可能です。

※今後の社会情勢によりご利用条件や利用不可期間が変更となる場合がございます。変更となりましたらホームページ等でご連絡致します。

【新型コロナ感染拡大の理由によるキャンセルの扱いについて】
・5月31日までに予約をされているものについては、全額返還となります。
・6月1日以降、新たにご予約されたものについては、通常の返還の規定で運用となります。

ご利用を予定されているお客様にはご不便をお掛け致しますが、ご理解とご協力をお願い致します。
2020.08.30
サルビアオンライン開設
サルビアホール主催公演・展示をWebで楽しもう!

サルビアホールで開催したコンサートや展示をご自宅でも楽しめるWebページ「サルビアオンライン」を開設いたしました。

サルビアオンライン

サルビア・アーティストバンク登録アーティストの演奏や、オンライン写真展のアーカイブなどを掲載しています。
これから順次コンテンツを増やしていきますので、ご期待くださいませ!
2020.08.29
ウェブアクセシビリティ方針
ウェブアクセシビリティについて 

 「鶴見区民文化センター サルビアホール」のウェブサイトを利用する全ての人が、身体的制約や利用している環境に関係なく、利用しやすく、必要な情報が得られるように、「JIS X 8341-3:2016 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」に対応することを目標とし、アクセシビリティの確保と向上に取り組みます。


1 対象範囲
神奈川共立・ハリマビステム共同事業体が運営する「鶴見区民文化センター サルビアホール」のウェブサイト全体 http://www.salvia-hall.jp/


2 目標を達成する期限
2022年3月31日


3 目標とする適合レベル
JIS X 8341-3:2016で示されている適合レベルAAに準拠します。
※ 本方針における「準拠」という表記は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン 2016年3月版」で定められた表記によります。
2020.04.19
【ハンブルクトリオ ベートーヴェンピアノ三重奏曲全曲演奏 開催延期のお知らせ】
新型コロナウイルス感染症拡大を防止する観点及び緊急事態宣言を受け、同公演の開催を延期いたします。

【延期日程】
第1回2021年3月12日(金)19:00開演
第2回2021年3月13日(土)14:00開演
第3回2021年3月13日(土)18:00開演

お手元のチケットは延期の日程でもそのままご利用いただけます。
払い戻しをご希望の方は以下をご確認ください。

△サルビアホールでチケットご購入の場合△
【チケット払い戻しについて】(5月6日まで閉館のため5月7日以降)
※現在払い戻しは期限は設けておりません。

【返金方法について】
●来館にて返金
来館時に必ずチケットをお持ち下さい。チケットとの引き換えにて払い戻しを致します。
※チケットをご持参いただけない場合は払い戻し致しかねますので予めご了承下さい。

●振込みにて返金
チケットと必要事項を任意の用紙にご記入の上、サルビアホール宛てにお送りください。
指定の口座にお振込みいたします。(チケット代金をお振込み。振込手数料は当館負担)
振込み手続きに1ヶ月程度かかる場合がございます。
【必要事項】
「チケット申し込み名」「電話番号」「口座番号」「銀行名・支店名」「口座名義」を記入
※必ず、チケットを郵送ください。お送りできない場合は払い戻し致しかねますので予めご了承下さい。

【送付先】
横浜市鶴見区民文化センター サルビアホール
〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-31-2シークレイン内

△横浜楽友会でチケットご購入の場合△
横浜楽友会までお問い合わせください。
090-2404-6832(平井)
2016.08.02
大型・大量搬出入を伴うギャラリー等利用について
大型・大量搬出入を伴うギャラリー等利用については、こちらのお知らせをご覧ください
2016.08.02
シークレイン1・2階駐車場をご利用のお客様へ
サルビアホール内に楽器・機材・展示品などを搬出入される際に、シークレイン駐車場をご利用になるお客様にお願い申し上げます。

荷物の積み込み・積み下ろし作業は、必ず車を駐車スペースに停車させた状態でおこなってください。

駐車場内の通路に停車させての作業、また駐車スペース以外に荷物を置く行為は、他のお客様やマンション居住者様のご迷惑になるばかりでなく、事故の原因となることもありますので絶対におやめください。

駐車場の1階・2階共に、シークレイン出入り口がございます。
台車が必要な場合は、サルビアホール3階窓口で貸し出しておりますので
一度車を停車させてから、窓口までお越しください。