ホール・ギャラリーで鑑賞する

施設概要

2月9日(日)
さるびあ狂言会 茂山お豆腐狂言
こっちにだって言い分がある!
日時
開場13:30
開演14:00
終演16:00予定
※開場中出演者によるプレトークが開催されます。
会場
4階
ホール
入場料
全席指定
一般:¥3,000
サルビア券:¥2,700
学生券:¥2,000

主催・お問い合わせ

鶴見区民文化センター サルビアホール
045-511-5711

内容江戸初期から続く老舗の京都の笑い!
笑う門には福が来る!
今年のテーマは「こっちにだって言い分がある」!?
出演者大蔵流茂山千五郎家
 茂山 千三郎
 茂山 茂
 松本 薫
 島田 洋海
 鈴木 実
 山下 守之
番組●雁礫
「大名が弓矢をつがえ一羽の雁を狙っています。そこに石ころが飛んできて雁を一撃。礫を投げた男は大喜びで持ち帰ろうとしますが、大名が慌てて呼び止めます。「その雁は、おれが狙い殺しておいたやつだ」ほんとかな?」
 大名:茂山茂
 道通りの者:山下守之
 仲裁人:茂山千三郎
 (後見:島田洋海)

《お話》~中世人は議論が大好き~
 お話:島田洋海

●金藤左衛門
「「雲の上の金藤左衛門」という物々しい名前の山賊。しかも、山賊の営業許可証まで持っています。モットーは、「取りやすい相手から取る」峠の道で待ち伏せしていると、女がやってきました。飛んで火に入る夏の虫…?」
 金藤左衛門:松本薫
 女:鈴木実

《休憩》

●宗論
「お坊さんだって、生身の人間。法事で出される食事の献立やお芋の調理が気になるのも、仕方ないことかもしれません。そんな生活感覚にあふれたお坊さんが、宗教論争を始めたら?元祖・法然と高祖・日蓮の遠い弟子たちが、華々しい論戦を繰り広げます」
 法華の僧:茂山千三郎
 浄土の僧:松本薫
 宿の亭主:島田洋海
 (後見:山下守之)

《附祝言》
チケット発売日11月12日(火)
10:00~ 窓口・WEB
14:00~ 電話
チケット取扱■サルビアホールの窓口でご購入(受付時間9:00~21:00)
 ※お支払いは現金のみ

■インターネットでご購入
・こちらのURLから購入できます「http://www.cnplayguide.com/salvia-hall/
・インターネット販売は一般券のみ、お席はお選びできませんのでご了承ください。
・所定の手数料がかかります。

■お電話でのご予約 2019年11月12日(火)14時から電話予約 TEL:045-511-5711
ご予約後、1週間以内にいずれかの方法でお支払いをお願いいたします。
  ・当館窓口にてお支払い(現金のみ)
  ・指定の銀行口座へお振り込み(チケットはご郵送)

・未就学児のご入場はご遠慮ください

・本公演は全席指定席です。サルビアホールにお電話でご予約される際は、座席表をご覧になりながらご希望のお席をお伝えください。
サルビアホール4Fホールの座席表はこちら

[サルビア券について]
・鶴見区在住、18歳以下、65歳以上、障がい者、いずれかに該当する方を対象とした割引制度
・ご購入はおひとり様2枚まで
・ご購入の際は住所や年齢などを証明できるもの
(免許証や保険証など)をご持参ください