ホール・ギャラリーで鑑賞する

施設概要

8月25日(土)
文化芸術活動応援講座#11
ダンサーのための解剖学
日時
受付開始13:30
14:00~16:00
会場
3階
リハーサル室
入場料
受講料:¥1,500(テーピング代含む)

主催・お問い合わせ

鶴見区民文化センター サルビアホール
045-511-5711

内容文化芸術活動応援講座とは…?

歌・演奏・ダンス・絵画・写真など文化芸術活動をされている方の支援・スキルアップを目的とした講座です。
様々な専門分野でご活躍の方を講師としてお招きし、みなさんの活動のスキルアップをお手伝いします。
講座を通じて、自分たちのパフォーマンスを高め、文化芸術活動を充実させましょう!


第11弾は「ダンサーのための解剖学」!
自分の身体をコントロール
怪我を予防できるダンサーになる!
身体の構造・ケアについて、予防・怪我をしてしまった時の応急処置、
筋トレとストレッチの違い等、元ダンサーの整骨院 院長が教えます。
テーピングの巻き方の実践有り!
講師松倉卓也 和ごころ整骨院 院長

自身がダンサーだった経験を活かし、HIP HOP、ジャズダンス、
ソーシャル・ラテンダンス、バレエなど、様々なダンサーのサポートを行っている。
ダンサーに起こりやすい足や腰の痛みはもちろん、柔道整復師として、
ひとりひとりの目標やライフスタイルに合わせた治療を提供。
その治療過程の詳細をわかりやすく書いているブログは注目を浴び、県外からも治療を受けに来る患者が後を立たない。
スポーツトレーナーとしても活動し、学校やクラブチームのサポートも行っている。
特に類いまれなるテーピング技術は、学生やスポーツ選手から絶大な人気を誇り、
カラーテーピングを用いた「パフォーマンスアップテーピング」には定評がある。
定員20名(事前申込/先着順)
申込方法【6/16(土)より受付開始】
所定の応募用紙に必要事項をご記入の上、ファックス・郵送か、サルビアホール窓口に直接ご持参ください。
専用フォームからもご応募いただけます。

【応募の宛先】
〒230-0051 横浜市鶴見区鶴見中央1-31-2シークレイン内
鶴見区民文化センターサルビアホール
「文化芸術活動応援講座」係
FAX 045-511-5712
【申込書のダウンロードはこちら】
持ち物など当日は動きやすい服装でお越しください。
床に直接座れるようヨガマットや大き目のタオルなどをご持参ください。