アーティスト紹介

アーティスト紹介

上遠野文音(箏曲生田流)

どんな時、どんな場所にも自然に馴染む、懐かしい音色。今でこそ伝統邦楽と呼ばれている箏曲ですが、作曲された当時は“最新”の一曲でした。お正月に聴くもの、古い音楽…なんて言われてしまうこともありますが、何十年・何百年のロングヒットを超えて現在も多くの人に楽しまれているのです。今も広がり続ける筝曲の世界、お箏は初めてという方も、懐かしいという方も、ぜひ聴いて、弾いて、楽しんでください!

[プロフィール]
東京藝術大学大学院卒業。宮城社教師。一般社団法人「伝統芸能国際化協会」在籍。東京都公認ヘブンアーティスト。母、西谷しのぶ(生田流箏曲宮城社大師範)のもと、2歳より生田流箏曲を学ぶ。宮城道雄記念コンクールで一般部一位(歴代最年少14歳)。皇居内桃華楽堂において催される皇后陛下主催演奏会にて御前演奏を務める。「一億人でさくらさくらが弾ける日本」をテーマに、初心者向けのワークショップやコンサートを企画・開催。

website
Facebook
Instagram